第61回日本消化器がん検診学会総会 The 61st Annual Meeting The Japan Society of Gastrointestinal Cancer Screen

超音波フォーラム

超音波フォーラム

ワークショップ:超音波検診判定マニュアル2021を活用する
司会 小川 眞広 (日本大学病院 消化器内科/超音波検査室)
   平井 都始子(奈良県立医科大学総合画像診断センター)

司会の言葉

超音波検診においては、がんの発見のみではなく、悪性腫瘍の境界病変に対する適切な判定、良性疾患の診断、びまん性肝疾患の有無、種々のハイリスクグループの可能性の判断などを的確に行うほか逐年検診症例においては適切な経時的変化の評価も行うことが重要な職責である。超音波検査の検査所見も含めた客観性の低さが常に問題として挙げられ、これに対し2014年に本学会が中心になり日本超音波医学会と日本人間ドック学会の3学会合同で腹部超音波検診判定マニュアルを発表し一石を投じた。その後、3学会の意見の集約とそのほかの検診に従事する学会をオブザーバーとして招聘し多数のご意見を聞きながら多くの会議を経て、今回腹部超音波検診判定マニュアル2021として改訂し発表した。各臓器のカテゴリーおよび判定区分表も臨床的に使用しやすく改訂されており、検診従事者にとって共通概念となるよう普及が今後の大きなポイントとなる。ここでは、これまでのマニュアルの活用方法を振り返りつつ新しくなったマニュアルの活用方法について討論を深めたい。活発な発表を期待します。

教育講演:肝腫瘤の鑑別診断
司会 岡庭 信司(飯田市立病院消化器内科)
演者 飯島 尋子(兵庫医科大学肝・胆・膵内科)

症例検討
司会 森 雅美 (PL病院)
   西村 重彦(住友病院 消化器外科・乳腺外科)

クイズセッション
司会 川端 聡 (住友病院)
司会 柴田 陽子(兵庫医科大学 臨床検査技術部)
司会 阪上 順一(市立福知山市民病院 消化器内科)